インターネット通信のセキュリティは?

アプリとサーバー間はSSLによるセキュリティ通信を行っております。

音声認識や多言語翻訳はどこで処理をしているのでしょうか?

UDトークの音声認識や多言語翻訳はインターネット上のサーバーで行っております。したがって音声認識や多言語翻訳を利用するにはインターネット接続が必要です。

サーバー上にデータは残りますか?

アプリ内の音声認識でAmiVoice Cloudを使用するとき、法人向けプランではUDトークから送られてきた音声認識をするためのデータは認識処理が終わった後に削除されます。メモリ上で処理されるのでデータとしては残りません。

また法人向けプランではGoogle Translate APIを使用していますがそちらも利用規約を読む限りでは音声データは破棄しているようです。

Androidのデバイス組み込みの音声認識に関しては場合によってはデータの再利用をされている可能性があります。

また「多言語翻訳サービス」や「トークの公開/参加」などはまた別のクラウドサーバーを使用しています。以下の表を参考にしてください。

パソコン版はありますか?

UDトークはスマートフォン・タブレットのアプリとして動作します。パソコン版(Windows、Mac)は誤認識の訂正用のソフトウェアとなります。音声認識機能は実装されておりません。

音声認識サービスについて

【トピック】喋った音声はどうなるの?

  AmiVoice Cloud(日本語)
 データ形式圧縮音声データ
 データ管理保存および再利用はしない
 機能制限なし
  Google音声認識(アプリ内で提供)
 データ形式音声データ
 データ管理保存および再利用はしない
 機能制限アプリで使用できないようにアカウントごとに設定可能
  iOS、Androidの機能
 データ形式音声データ
 データ管理再利用される可能性あり
 機能制限アプリで使用できないようにアカウントごとに設定可能

多言語翻訳サービスについて

  Google翻訳
 データ形式テキスト
 データ管理保存および再利用はしない
 機能制限アプリで使用できないようにアカウントごとに設定可能
 高電社「翻訳クラウド」
 データ形式テキスト
 データ管理保存および再利用はしない
 機能制限なし

漢字かな/読振りサービスについて

 TopGate初等教育漢字振り分けAPI
 データ形式テキスト
 データ管理保存および再利用はしない
 機能制限なし

各クラウドサービスについて

 クラウドサーバー(アプリケーション)
 データ形式テキスト(データベース管理)
 データ管理保存および再利用はしない(定期メンテナンスでクリア)
 機能制限なし

全体のシステム構成を教えて下さい

UDトークは複数のクラウドサービスを利用して開発されております。以下、システム構成図となりますので、参考にしてください。