カテゴリー別アーカイブ: トピック

【トピック】教育機関での使い方の実例

一つ前の投稿の反響が大きかったので、具体的な運用方法を図解してみました。
「パターン1」は先生がUDトークを運用するケースです。「パターン2」は学生側(支援者側)で運用するケースです。

パターン1が推奨ではありますが、先生がきちんと単語登録をしたり、卓上マイクではなくヘッドフォンマイク等で授業を行って(あときちんと話す)いただければパターン2でもいい結果が得られます。(パターン1でもちゃんと話すことは大前提なのですが)

つまり「先生側でやることが多い」のか「学生側でやることが多いのか」になります。そしてどちらの運用をしても字幕は授業を受けている全生徒に配信することができます。パターン1でやっているときはたとえオンライン授業に通信上のトラブルがあってもUDトークは字幕を配信できるのでいいことも多いです。実際におおくのオンラインカンファレンスで「音声がとぎれてもUDトークが動いててよかった」という声は多いです。

そしてこれがやることが多いのか?と言われると、これをすべて手書きとかタイピングでやろうと思ったら不可能だしもっとやることは多いでしょう。これくらいの準備でよい、と考えていただければいいかなと思います。それにこれをやることで授業の全文ログも先生側で保存ができます。それをきれいに修正して配布してもいいわけです。

ぜひ参考にしてみてください。

【トピック】教育機関での使い方、あってますか?

最近、教育機関(特に大学関係)で問い合わせが多いのですが、

「聴覚障害がある学生がオンラインで授業を視聴するために対象学生に配布をしたい」

と言われます。ですが、これは学校が導入して使う使い方としては「間違っています」。オンラインで配信されてるものを自分のスマホを使ってそこで音声認識して字幕で見るだけなら、それは学校がサポートをしているとはいいません。別に学生さんはUDトークだろうがGoogleのアプリだろうが別になんでもいいのです。

学校が導入してサポートをすると言うことはどういうことか?と言うと「先生が使う」ということです。先生がきちんと単語登録をしてUDトークを手元でつかい、QRコードを発行して学生さんに案内をします。学生さんはオンラインの授業を見ながらスマホのUDトークで字幕を見ます。支援室の人たちはオンラインの授業を見ながら誤認識の編集をしましょう。

これが正しい使い方です。

可能かどうかで言うとすでに都知事の会見でその方法で行っています。音声認識は先生もしくは配信を見ている支援室の誰かが行えばいいです。なので支援室が運用をすることでもきちんと学生さんに字幕を配信することができます。

以前からUDトークを学生に渡して導入した気になってるところが多いのですが、こちらは「それは違う」と指摘をしています。

オンライン授業の字幕は聴こえない学生のためでしょうか?先生の方でUDトークを使って字幕配信をしていればネットが不安定で音声が途切れたり、音が大きく出せない環境などでも見ることができます。

聴覚障害がある学生のためにだけ、と考える必要はまったくなく、アクセシビリティとして教育機関の方たちには取り組んでいきたいです。特に「アプリ導入プログラム」を申し込んでくるからにはこちらもきちんと使ってもらえるところにのみ適用をしていく所存です。

今一度、UDトークを導入されている教育機関の方は使い方を振り返ってみてください。導入担当の方は「もし自分が耳が聞こえなかったら、このオンライン授業は受講できるだろうか」と想像をしてみてください。

【シェア希望】「UDトークでリアルタイム字幕配信」オンライン無料レッスン:受付開始

(2020.4.29 追記)オンライン無料レッスンは無料版をお使いの方でも受講できます。法人向けプランは必須ではありません。

官公庁、地方自治体及び教育機関につきましては「法人向けプラン(教育機関向けプラン)、またはアプリ導入プログラム」のご利用が必須となりますので、お申込み時に確認をいたします。


現在行われている東京都知事のYouTubeでの会見にUDトークで字幕対応が行われているのをうけ、この方法を中心にUDトークでリアルタイム字幕をつける方法の無料セミナーを4〜6月の間に開催します。

対象は「聴覚障がい者への文字支援に関わっている方」となりますので、聴覚障害がある方向けではありません、ご承知ください(※聴覚障害がある方で受講されたい方はNerima Baseで開催する方にご参加ください)。

要約筆記サークルなどの支援団体だけではなく、地域団体や動画にリアルタイム字幕配信をして活動をしたい団体なんかも募集しております。

講師は現役の聴覚障害者への文字支援をされている方たちです。

まずはお問い合わせください。みなさんの受講、お待ちしております!

お問い合わせはこちら
https://info.roisinc.net/support/lecture/

【シェア希望】都知事の会見、字幕対応の仕組み

本日の都知事の会見もUDトークでリアルタイム多言語字幕配信が行われます。

仕組みですが、音声認識も誤認識の編集もすべて遠隔で、運用はNPO法人メディアアクセスサポートセンターさんのスタッフ3人ほどで東京以外の各地でも行っています。大掛かりな設備や訓練を詰んだスタッフの必要がありません。

ただし緊急時なので東京都の公式ですがすべて無償ボランティアで行っております。

この方法はべつに東京都だけではなく全国の会見で行っていただくことができます。各地の会見も地域団体等で聴こえない方や外国人の方へこの方法で支援をすることができると思います(すでに行っているという報告も受けてます)。

各自治体に提案をしても良いでしょう。そしてこうした行政の放送に関しては実は勝手にやっても著作権上は問題がありません。公式としたほうが多くの方には広まると思います(今回の公式はこれが目的)。

1.非公式で始める
2.動画配信責任者に見て貰う
3.公式になる

というステップもありです(緊急時なので東京都がこれでした)。

これと同じ方法でテレビの字幕も配信することができます。画面に入ってるほうがいいときもありますが、字幕で映像が見えないときなどもあり、セカンドスクリーンで見るときがいい場合もあります。「選択肢」は多いほうがいいです。

YouTubeからの配信音声でもきちんと音を取れば認識率はかなりでます。タイムラグもありません。

メディアアクセスサポートセンターさんから東京都への提案資料を頂きましたので添付します。これを各地の自治体へ提案資料として持っていっていただければよいかと。

本日の配信はこちらです。

https://tokyodouga.jp/MaD4vf2ppIo.html

UDトークでの閲覧方法はこちら

https://www.npo-masc.org/tokyo

(UDトークを起動するリンクを追記したのでQRコードをキャプチャしなくても字幕を見ることができます)

【シェア希望】都知事の会見にUDトークで字幕がつきます!

東京都公式動画チャンネルの都知事の会見ですが、本日から公式に「UDトーク」による字幕を提供することになりました。

https://www.npo-masc.org/tokyo

急なので映画鑑賞のアクセシビリティに取り組んでいるNPO法人メディアアクセスサポートセンターさんが運用と誤認識の編集を担当していただいています。

「緊急事態として予算云々を言っていると時間がかかるので”先ずはやる”ということで有志が動いた」

とのことです。もちろんUDトークの運用は「遠隔」で行っています。

必要な方に届くようにシェアをお願いします。

こちらの記事も御覧ください。

【まとめ】UDトークとZOOMでリアルタイム字幕

さて、いろいろ実験をしてきましたが、とりあえず方法としては3つご紹介できるかと思います。

■1つ目はPCやiPadの横に置いて「自分の声とZOOMからの出音」を音声認識させます。グループの中で誰か一人が使っていればいいことになりますし、難聴者の方が自分だけで字幕を見たい場合も有効です。このときちゃんと「一人ずつ譲り合って話す」と言うオンラインミーティングのルールを運用すればよりよい結果になるでしょう。

■2つ目はiPadでZOOMとUDトークを動かして画面共有の機能を使いさらにシアターモードやプレゼンテーションモードなどの機能を応用させて字幕付きで資料や画像を一緒に見せる方法です。

この方法はZOOMを使ったセミナー形式に向いていると思います。質疑応答などはチャットに統一してもらうなどルールも工夫してみるといいと思います。

■そして3つ目です。こうなってくるともっと「自動化して運用」をしてみたくなるところです。

そこで「字幕さん」ってユーザーをミーティングに入れれば字幕をだしてくれる、みたいなことができないかなと思ってやってみました。

ポイントはHDMIのキャプチャデバイスを使ってiPadの画面をユーザーの画面に出すとこです。音声認識はZOOMの出音のみで行っているので特に誰かがセッティングをするとかの必要はなく「字幕さん」を招待して参加してもらうだけになります。もちろんちゃんと編集したりする運用も可能です。

例えばこれを設置しておいて、字幕が必要だったらここからそのミーティングに参加させるようにするだけで字幕付きのミーティングが自動で開催できます。

1〜3と方法を紹介しましたが、もちろん0番目の方法としてはオンラインだろうがオフラインだろうが同じ使い方をする(それぞれがUDトークを使って口元で話す)のも良い運用です。ですが、工夫次第でもっと簡単に、もっとインタラクティブにそして自動化までして行うことができます。

オンラインミーティングとUDトークの運用で耳が聞こえない方だけではなく外国人の方も参加できるミーティングが開催できると思いますので、ぜひこちらを参考にしてみなさんもトライしてみてください!

【トピック】ZOOMとUDトークの簡単議事録作成

いろんな人に協力をしてもらってZOOMとUDトークの運用実験をしています。

で、これが一番手軽かな?ってセッティングができたのでご紹介します。

ノートPC1台、スマホ一台。

スマホは1台で音声認識をONにして「自分の声とZOOMからの出力音声を音声認識」させてます。やってみるとそこそこいい認識します。でもこちら(https://udtalk.jp/post-3533/)で紹介した使い方をしたほうが話者がきちんと別れるのでおすすめではありますが、とりあえず簡単に字幕対応したい場合はこれでいいと思います。

PCはUDトークのPC版を立ち上げて編集しつつこれを画面共有します。相手には編集作業をしている画面がZOOM越しに見えるのでそれはそれでいい感じです。

画面共有を字幕で使うと言うのは割とありだと思います。ミーティングも別に毎回プロジェクタを使って出すわけではなくデータを配布して手元で見るケースもあるでしょう。

iPadでシアターモードを使った応用技(https://udtalk.jp/post-3785/)なんかもありますが、使ってくうちに「これでいけるんじゃない?」ってのがどんどん出てくるのが面白いです。

実際に今日は4〜5人の世間話で耳が聞こえないかたも入ってオンラインでやってみました。喋れなくてもUDトークはキーボードで打ってる途中経過も見れるので「沈黙」も少なく感じます。

ぜひみなさんもいろいろトライしてみてください!

【トピック】UDトークで字幕付きオンラインイベントを

3月13日(金曜日)「UDトークで始める音声認識・自動翻訳アプリ活用術」がNerima Base – ネリマベース で開催されました。今回はオンライン対応ということでオンラインでの参加が10名ほど、現地での参加は3名とたくさんの方に参加していただきました。

今回はオンライン配信でUDトークの機能をフル活用してZOOMと組み合わせてみました。これまでもZOOMとの組みあせをいろいろ紹介してきましたが、実際にイベントをやったときにどう見えるのかというのを実体験していただきました。

まず主催者側で用意したのは画面共有と音声でのやり取りをするためのiPad。カメラとして使用する(音は切っている、ハウリングするので)PC。UDトークはiPhoneとBluetoothマイクを使用して音声認識させました。

見ている方はUDトークの画面で資料と字幕が「画面共有」で配信されているのでZOOMだけで見ることができます。もちろんスマホやタブレットを別に用意すればサブスクリーンとしてUDトークの字幕を見ることができます。

今回は「講習会」なので、オンラインで参加される方からの発言はすべてチャットに統一しました。もちろん講師も手元のPCでチャットして質問を拾いながら進めていきます。

はじめての試みでしたが、とてもスムーズにすすめることができて参加者の満足度も高かったように思いました。耳が聞こえない人も何人か参加されていましたが、同じようにこうしたオンラインのイベントを楽しむことができるのはいいですよね。

このイベントだけではなく、法人向けの講習会もこの方法で開催したいと思います。

【トピック】ZOOMの画面共有とUDトークのシアターモード

今ZOOMの活用が話題なのでちょっとUDトークも乗ってみます。とは言え、UDトークはすでにZOOMと「併用」することで字幕付きのオンラインミーティングができます。もちろん議事録も作成可能(全文ログですけどね)。

これの良いところは誤認識の修正もみんなでできるし記録も全部残ります。全文記録が必要かどうかは置いといて、とりあえず残しておけば会議を思い起こせるし、字幕があることで聴覚障害者が働く環境でも問題なくオンラインミーティングが導入できます。

でももうちょっとスマートにできないかな?ということで色々試してみたのです。そう、ZOOMには「画面共有」と言う機能があります。

これはiPadですが、iPhoneでもOKです。Androidはわかりません(笑)。ここで「画面」を選択するとそのiPadの画面が他の人に共有されます。素敵な機能です。

「ブロードキャストを開始」をタップします。マイクはオフでOKです。そうするとこのiPadの画面を共有することができます。

そして次はUDトークの画面を、と普通にやったらそれは文字だけですよね。でもそれでもある意味ではOKです。予め作成しておいたQRコードを読み込ませてトーク画面にします。QRコード等を用意して会議やイベントを行うのはこちらのマニュアルを参照。

https://teachme.jp/27228/manuals/4799090/

トーク画面のメニューから「フルスクリーンモード」を選択します。そうするとその画面がZOOMで共有されて他の人も見ることができます。

ただちょっと参加者の顔が小さいですよね。PCだと少し見やすくレイアウトできますが。そうだ、UDトークには「シアターモード」があります。カメラの画像の上に字幕を重ねて見ることができる機能です。これを画面共有すればいいかも。

あとはカメラの位置を見やすく配置して。あとシアターモードはシングルタップでこの字幕の位置を変えたり、ピンチインアウトで文字の大きさも変えれます。翻訳モードをオンにしてればもちろん翻訳もできます。

これで配信した結果、閲覧する人はどんなふうに見えるかと言うと、こんな感じ。

画面共有されている画像がUDトークのシアターモードで「カメラ画像」っていうこの手があったか!って言う方法です。でも確かに動画なんかでも再生して画面共有できるのでできそうではありましたね。ちなみにこの端末で裏で動いているZOOMはマイクもスピーカーも使えるので普通に会話もできます。動画はオフになりますね、自動的に。

ここまででセッティングをまとめるとまず配信に必要なのは

シアターモードのUDトーク+バックグラウンドでZOOM(マイクとスピーカー)

この1台だけで通話ができます。

音声認識用のデバイス(スマホ、タブレット)

写真で手に持ってるiPhoneで音声認識させています。これは普通のUDトークの使い方です。きちんと単語登録をして用意しましょう。

これだけでもできるのですが、配信に使ってるiPadはちょっと離れたところにあるだろうし、ZOOMがバックグラウンドにあるので誰が参加してるかわからないしチャットもできない。なのでもう一台PCなりを接続して参加者の様子やチャットをするのを立ち上げると便利かもしれません。自分の手元で複数台使ってZOOMを起動するときはハウリングしないように気をつけましょう。

まとめるとこんな感じですかね。ミーティングというよりは講演会や講習会にはピッタリの運用だと思います。それぞれが話す場合は一画面をフルスクリーンモードにして共有しておくのも良いかも知れませんし、各手元で見てもいいと思います。

音声認識で話す方はそれぞれの話者がそれぞれのアプリで話すのが理想ですが、ZOOMからの音でも認識するときもあるので結果オーライでやってみてください。

実際にやってみたら分かりやすいと思いますし、工夫次第でもっといろんなことができそうです。何よりこれがすべてデフォルトの機能だけでできるのは新たな発見でもあります。

運用事例ができたらどんどん広めてください!

【トピック】WT01専用ネックバンドアダプター

たくさんの方にご利用頂いております専用マイクAmiVoice Front WT01ですが、こちらで使用できる専用のネックバンドアダプターが発売されました!

WT01には首掛けのネックストラップが付属でついていますが、こちらは横から首にかけれるのと、認識しやすい位置にWT01が固定されるのでとても手軽に利用できると思います。

3,000円とお買い求めしやすい値段になってますので、ぜひご購入ください。