トークの公開/参加(QRコード)


この機能はQRコードとカメラを使って簡単に相手と接続することができる機能です。ご利用の際はインターネットへの接続環境が必要です。

いますぐトークを公開する

iPhone20 1対1もしくはグループの中で誰か一人がトークを公開します。取り敢えず簡単にトークを公開したいときはトップ画面の「いますぐトークを公開する」をタップします。自動的に画面にQRコードが生成されます。相手に読み取ってもらったら閉じるボタンで閉じてください。公開済みのQRコードはトーク画面中にいつでも右上のメニューから「トークを公開する」で確認することができます。

トークに参加する

iPhone20 (1) 他の人は「トークに参加する」をタップします。アプリ内でカメラが起動しますので公開されたQRコードを読み取ってください。読み取りが成功するとお互いに接続しトークを共有できます。
※Androidの場合はQRコードの読み取りが機種依存で難しい時があります。本体付属のリーダーか他社アプリのリーダーで読み取ってURLをUDトークで開くとトークに参加することができます。

公開を停止する

iPhone23 公開してる方でトーク画面から出ると自動的にトークの公開が停止されます。公開が停止されると参加してる方にも通知がいきトップ画面に戻ります。

いろんな形でのトークの公開方法

iPhone23 (1) トークの公開は「一人で使う」「2〜5人で使う」「接続先(WiFi内接続)」のどのトーク画面でも行うことができます。トーク画面で右上のメニューをタップし「トークを公開する」を選択します。
iPhone22 この時はトークの公開時に相手の発言を許可するかどうかを選択できます。例えば講演のように大勢に閲覧用として公開するときは発言を許可しないほうが良いでしょう。
iPhone22 (1) トークを公開すると「メールで送信」と「コピーする」ボタンが表示されます。離れた相手に参加してもらう時にトークの公開情報をメールやSNSで送ることができます。受け取った先でQRコードを読むか、URLを起動することでトークに参加することができます。

 
戻る

発言をする