トーク設定(iOS版)


ボタンを押した時に音を出す

「タップして話す」を押したときに「ピポッ」と音を鳴らします、また発話が終わっておした時には「ポピッ」と鳴らします。

発話の開始時に名前を送る

発話開始(音声認識、キーボード、手書き)時に直前の発話が自分でなければ設定してある名前を送信します。

Bluetoothマイクを有効にする

Bluetoothマイクが接続されている時は優先的にそちらを使用します。Bluetoothマイクは16Khzでサンプリングできるものをご利用ください。(音声認識に使うことができるBluetoothマイクは限定されています)

発話の表示切り替え

音声認識字幕は情報量の多さがメリットですが、多すぎて追いつかない時や認識結果があまり良くない時に誤認識結果が出すぎるといったデメリットもあります。そこで見る人が手元で情報量をコントロールすることができます。通常は「すべて表示」でお使いください。「途中経過なし」を選択すると、音声認識や編集の過程が表示されません。「編集結果のみ」を選択すると誰かが編集を確定させたものとキーボードでの入力のみを表示します。プロジェクタに出す場合は用途によって見せ方を変えることができるのでまずはその違いとお試しください。「編集結果のみ」にするとPC要約筆記に近い表示になります。

バーの色を選択する

ツールバーの色を選択できます。お好みの色でお使いください。

背景色の選択

背景色を白と黒で選択して使うことができます。

多言語同時翻訳