カテゴリー別アーカイブ: トピック

UDトーク for Win & Macのver.2.2.9をリリース

ご利用のみなさま。

UDトーク for Win & Macのver.2.2.9をリリースしました。
先のver.2.2.8は複数台で編集するとかなり不具合が多くご迷惑をおかけしたようで申し訳ありませんでした。

ver.2.2.9でMac版とWin版も連携して確認し、同時編集ができてしまうなどの動作を修正してある、と思います。

なのでver.2.2.8をお使いの方はすぐにバージョンアップをしてください。さらに複数人で編集する時は必ずバージョンを合わせてください。

PC版のニーズが減ってきているのと、特にWindows Creaters Updateで動作がおかしくなるケースも報告されています。

なるべく確認して合わせていきますが、PCよりも手軽なiPad等での編集にシフトをしていくのも悪くないと思います。

よろしくお願いします。

http://udtalk.jp/download/

国際福祉機器展2017に出展してきました!

国際福祉機器展2017は無事に終了いたしました!

用意したチラシ1500枚以上がなくなりました。ブースにもたくさんの方たちにお立ち寄りいただきありがとうございました。

スタッフとして協力してくださったみなさま、並びに最終日に参考出展していただいた静岡福祉大学さんとフォナックさん、立ちっぱなししゃべりっぱなしで本当にありがとうございました。

立ち寄られた皆様といろいろお話することで今何が必要なのか、どういう課題があるのかという事を知ることができます。今後の方針や開発の参考にとてもなりました。

新アプリ「UDトークAR」が思った以上に好評で、みなさん動画で収録してFacebookでも紹介をしていただいてるようです。これはほんと早くリリースをしないと!ってことで来月中にはなんとかこぎつけたいと思います。

素敵な花束をいただきました!この期待にお応えしないといけませんね!

それではまた来年の国際福祉機器展でお会いしましょう!
ありがとうございました。

iOS版 ver.5.7.6でデュアル言語モード搭載

先日試しに開発をした2言語モードをちゃんと実装してリリースしました。

・サブディスプレイで使う
プロジェクタ等を使ってサブディスプレイ設定でデュアルを選択すると左に原文、右に翻訳文がでます。上下左右のマージンなども設定ができます。

・フルスクリーンで使う
サブディスプレイ設定でデュアルにしてあるとフルスクリーンモードでも分割表示でみることができます。

多言語字幕をだすことでバリアフリー対応からユニバーサル対応へとぐんっとイメージを広げることができます。

まだまだ音声認識も翻訳も全部が正しいわけではありませんがこれからどんどん良くなっていくでしょう。そして自動で対応できるところが増えればその分いろんな人が参加出来る機会が増えることでしょう。

ちなみに日中韓英に関しては法人向けプランではより高精度の翻訳エンジンを提供しております。コンパクトプランやイベント向けプランでも利用できますので、ぜひご検討ください。

【レポート】耳友新聞にUDトークが特集されました!

夏休みの自由研究ってありましたよね。6月の岐阜の講習会に参加した聾学校小学部5年生の女の子が今年の夏休みの自由研究にUDトークを取り上げてくださいました!

「耳友新聞」にはUDトークについて調べたことがびっしり!講習会に参加された人へのインタビューや開発者へのインタビューも掲載。

小学生の女の子にここまで期待されたらうれしいですよね。責任重大!これからもしっかりと開発して行きたいと思います。

ぜひ「耳友新聞」、拡大して隅々までご覧になってください。

【字幕付きイベント】渋谷区総合防災訓練 – SHIBUYA BOSAI FES 2017

渋谷区総合防災訓練 – SHIBUYA BOSAI FES、Stage Programの「BOSAI トークステージ」の全てにUDトークのリアルタイム字幕サポートが付きます。また手元のスマートフォンでも見ることができます。

9月2日(土)、9月3日(日)の両日、代々木公園にて開催です。

特に2日の

12:00〜12:45 こんなときこそ考えたい「防災×障害」

ではUDトークの導入校の宮城教育大学の松崎丈先生がパネリストとして登壇されます。緊急情報の情報伝達など障害者対応でいまもっとも急がれている分野の一つが防災です。この機会にみんなで考えることができればよいかと思います。

その他にも防災に関わる興味深いトークが盛りだくさんです。
ちょっとまだ暑い時期かもしれませんが、ぜひご参加ください!

渋谷区総合防災訓練 – SHIBUYA BOSAI FES
http://shibuya-bosai.tokyo/
ステージプログラムはこちら
http://shibuya-bosai.tokyo/stageprogram

山形県立山形聾学校が研究成果報告書で受賞されました!

山形県立山形聾学校が公益財団法人パナソニック教育財団の「平成28年度(第42回)研究成果報告書の評価」で佳作を受賞されました!

1年間の活用と研究成果が認められ引き続き本年度も学校で活用していただいております。聾学校での活用例は数例ありますが、この評価は非常に意義があるものではないかと感じております。

導入や活用に関わられた先生方、ほんとにおめでとうございます!これからもよろしくお願いします。
そしてみなさんにはこうした助成と評価体制があることをこの機会に知っていただければいいかと思います。教育現場の先生たちは日々研究に奮闘しております。

ーーーー
平成28年度(第42回)研究成果報告書の評価
http://www.pef.or.jp/school/grant/evaluation/h28_evaluation/
(スクロールし一番下)
研究成果報告書はこちら直リンク
http://www.pef.or.jp/wp-content/themes/panasonic_theme/db/pdf/042/2016_06.pdf

UDトーク for Win & Mac、ver.2.2.6をリリース

UDトーク for Win & Macをお使いのみなさま。

両方ともにver.2.2.6をリリースしました。
(Mac版の途中のは欠番となります)

Win版はCtrl+P、Mac版はCommand+Pで「セパレーターを挿入」することができるようになりました(操作メニュー内にあります)。多目的に使うため名称をセパレーターとしましたが、早い話が「話者記号」です。

実行するとその発話の先頭に設定してある文字列が挿入されます。初期値は半角のスラッシュです。

例えば1つのマイクで複数にが話しているとき、話者が切り替わったタイミングでこれを実行すると発話の先頭に記号が入ります。手で打つのよりも少ないステップで実行できます。

お時間ある時にアップデートよろしくお願いします。

「UD手書きPro」をリリースしました

新しいコミュニケーションアプリをリリースしました。もともとリリースしている音声認識筆談アプリ「UD手書き」。これを更にパワーアップし、様々なシーンで手書きコミュニケーションに対応できるように機能を実装しました。

・iPadでは上限に画面を2分割して対面で使用。
・音声認識ボタンで楽々テキスト入力。
・相手と自分の言語を設定し翻訳。
・写真やテキストを回転、移動、サイズ変更と自由に配置。
・Apple Pencilの筆圧対応。

アプリは無料ですので、ぜひダウンロードしてお試しください。

UDトークの法人向けプランをご利用のお客様は同じ法人アカウントを使用することができます。設定するとUDトークと同じ音声認識サーバーや翻訳のポリシーで使用することができます。

このアプリの使用想定は短い会話のコミュニケーションです。もちろんUDトークもそう言うシーンでは有効ですが、UD手書きProは活躍してくれると思います。

リリースしたばかりなのでまたこれからいろいろとバージョンアップをして行きたいと思います。

ダウンロードはこちら。「UD手書きPro」で検索。

すでにリリースしている「UD手書き」も簡単で便利な筆談アプリです。ぜひご利用ください。

UDトーク for Windows ver.2.2.5リリース

ご利用のみなさま。

UDトーク for Windowsの ver.2.2.4に致命的な不具合が見つかりました。
編集を行うと発言の時間情報が破損してしまい、内容を保存した祭に欠損したり順序が変わったりする現状が見つかりました。

現在2.2.4をお使いの方はなるべくご利用前に2.2.5にアップデートしてお使いください。
議事録として使用しないのであればとりあえずは影響はありません。

お手数とご不便おかけしますが、よろしくお願いします。