カテゴリー別アーカイブ: ニュースリリース

【法人向けプラン導入報告】金沢大学 人間社会学域学校教育学類附属小学校

今回特筆すべきは「難聴児童の支援」ではなく初期の教育段階において「会話の可視化」がどういう影響を与えるかと言うことの研究で採用されたことです。これはすごいことだと思います。

UDトークは教育分野への導入に力をいれております。引き続きサポートしますのでよろしくお願いします!

教授でもあり校長でもある吉川先生からコメントを頂いております。

ーーーー
授業における教師と児童の会話や児童の発言をリアルタイムでテキスト化することに活用する。これにより、授業テーマや教師の問いに対する児童の思考過程分析のための実証的資料が得られる。

従来、言語活動は音声記録し、テキストに起こす作業に時間を要することから、授業評価や生徒の思考活動の分析には、部分的・断片的な言語活動資料を用いざるおえなかった。この点の改善に期待している。

また、児童の発言についてのテキストデータを授業において活用することで、児童どうし、児童と教師間でこれを共有しながら、思考過程をトレースしながら学ぶことの有効性検討に活用したい。

【法人向けプラン導入報告】ソフトバンク株式会社様

このたびソフトバンク株式会社様にUDトークを導入させていただきました。全社で約100名の聴覚障害者のスタッフが働いており、UDトークを導入することでコミュニケーションの向上や業務の効率化などが見込まれます。

これから各部署へUDトークの使用法の社内講習会など計画し、広く活用をしていく方針です。
引き続きサポートしていきますのでよろしくお願いします!

●雇用担当より●

UDトークをうまく使うことで
聴こえない方、聴こえにくい方へのサポートがより充実すると見込まれます。
また、日本語のわからない外国人社員への対応に対しても活用を検討するなど
さまざまな可能性を秘めたツールと期待しています!

【活用レポート】花王株式会社様

本年度からUDトークを導入した花王株式会社様から活用についてのレポートをいただきました。
こうして導入されたところから写真付きでコメントいただけると言うことは非常にうれしく、またこれが直接アプリの信頼性にも繋がると思っています。

これからもいろんなシーンでご活用ください!

ーーーーー
花王では、「障がいのある人もない人も共に働き、共に生きる社会を目指して障がいある社員も働きやすく、働きがいのある職場環境をつくる」という基本方針のもと、様々な取組を行っています。

障がいのある社員の中でも、コミュニケーションに困難を伴いがちな聴覚障がい者向けに、コミュニケーション研修を実施する他、経営トップによる説示の際に手話通訳やリアルタイム字幕の実施等の支援を、かねてから行ってきました。

その中で、職場での会議や打合せ、業務中のやりとり等、普段の会社生活においてコミュニケーションを支援するツールを探していたところ、『UDトーク』に出会いました。

聴覚障がいのある社員の働く複数の職場で試行を行い、情報システム部門と協議を進め、2016年4月より花王㈱と一部グループ会社から導入を開始しました。

早速、会議や打合せだけでなく、研修や講演会でも活用され、聴覚障がいのある社員から、

「『UDトーク』で得られる情報がとても大きく、かなり助かっている」
「情報量が増え、人に再確認する時間が減り、効率的に仕事ができるようになった。これまで多くの情報を聞き逃していたと痛感した」
「『UDトーク』がいいきっかけになり、周囲に障がいのこと、何のサポートが必要かをお願いしやすくなった」
等の感想が寄せられました。
今後も音声認識がより精度向上するような使い方の工夫やノウハウを共有し、『UDトーク』の活用を促進していきます。

【法人向けプラン導入報告】株式会社三城様

株式会社三城(本社 東京都港区)が全国に展開するメガネチェーン「パリミキ/メガネの三城」に導入されました。店頭での外国人対応のアプリの一つとしての導入で、現在全国80数店舗にて試験導入を実地しております。

また補聴器も扱っている店舗や専門店もあり、カウンセリング時のコミュニケーション支援への活用も見込まれています。

UDトークとして販売店の応対での導入は初めてとなります。引き続きサポートをしていきますのでよろしくお願いします!

はこだて国際科学祭でUDトークによるリアルタイム字幕

はこだて国際科学祭のオープニングイベント、サイエンスダイヤログでUDトークでリアルタイム字幕。

パネリストの方たちのテンポ良い話が画面に出てきてみなさん驚きとともに楽しんでいただけました。

リアルタイム字幕はエンターテイメントです。

専門用語が飛び交う内容でしたがむしろUDトークの方が漢字でどう書くかをしっかりと出してて歓声も上がったり。

たくさんの方にUDトークを知っていただけるいい機会を与えてくださいました。ありがとうございます!

14040028_630121703835707_4719552601029017229_n

【支援団体向けプラン導入報告】CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)様

「目が見えない人、耳が聴こえない人、全ての人に映画の感動を届けたい」と言うコンセプトのもとに出来上がったユニバーサルシアター「CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)」。ここにUDトークを常設導入させていただきました。場内のアナウンスやトークイベントなどで気軽に使うことができます。

現在9月の正式オープン前にプレイベントが行われており、8月の4、5日はろう者深川監督作、映画「たき火」の上映会とその映画について話し合うトークショーが行われました。

そのイベント主催者の瀬戸口さんからコメントと写真を頂いてますので掲載いたします。このようなイベントがここChupkiでは気軽に行うことができますので、ぜひみなさんご利用ください。

ーーー
ろう者深川監督作、映画「たき火」上映会を8/4、8/5の2日間、北区東田端にあるユニバーサルシネマ"シネマ・チュプキ・タバタ”で開催しました。

今回は上映会だけでなく、鑑賞後に「たき火」に出演されている高さんを囲み、参加者との感想会も企画し、その情報保障として手話通訳とUDトークも付けて頂きました。

「たき火」の撮影当時(昭和37~)は、手話通訳制度もなく、ましてやUDトークなど想像もできない時代で、もし深川監督が今生きていらしたら、さぞかし驚かれたことでしょう。

感想会では、参加者からの質問により映画秘話、裏話など撮影当時の様子の話をたっぷり聞くことができました。また参加者同士の対話により様々な視点、感想を共有することができ、より鑑賞を深めることができたと思います。

参加者から「鑑賞後に皆さんとの感想を語り合うって普通の映画館ではできないことで、すごくいいですね。あの空間、あの広さだからこその良さがあり、皆さんと一体感を感じました」とのコメントをいただきました。

聞こえない方々と聞こえる方々が1つの映画作品を見て語り合う場作り。

情報保障というアクセスがあったればこそできたステキな時間でした。

こういった非日常の空間の中で、様々な方々と作品を見て対話鑑賞するということは、他者を理解していくことはもちろん、何よりも最終的に「自分」にアクセスすることにつながるのだろうと思います。

もっとこういった場や機会が様々な所で広がるといいですね。

今回の上映会にあたり、ご協力下さったチュプキさま、TAネットの廣川理事長、手話通訳者さん、本当にありがとうございました。

【トライアル開始】すみだ障害者就労支援総合センター 就労移行支援 ゆめたまご すみだ様

すみだ障害者就労支援総合センター 就労移行支援 ゆめたまご すみだ様で正式導入に向けてトライアルが開始されました。墨田区では初のトライアルとなります。気になる方はお問い合わせしてみてください。

担当の村尾さんからコメント頂いております。
引き続きよろしくお願いします!

ーーーー
UDトークの使用状況についてですが、現在は訓練の際の指示出しが主な用途です。今まで筆談器等に書きだしていた内容がタイムラグなくお伝えでき、非常に助かっています。

13724019_617281555119722_6269829404987919326_o 13767224_617281561786388_307694657979350692_o

小金井市の地域自立支援協議会でUDトークが採用されています

小金井市の地域自立支援協議会でUDトークが採用されています。
委員のなかに聴覚障害を持った方がおられるのと、議事録を作成する目的です。
小金井市の各種団体の代表の方が合理的配慮や差別解消法についての協議を行う場です。まさにその内容の一つを解決することができる方法としてUDトークも実用していただいてます。
月に1度行われる部会と全体会でUDトークの設置と運用のサポートを込みでご利用頂いております。
まずは本年度の一年間よろしくお願いします!

13501633_604686479712563_3488255463103970751_n 13510892_604686476379230_8144901781058876377_n 13501728_604686469712564_1391635610425314234_n

【法人向けプラン導入報告】シオノギ製薬株式会社様

このたびシオノギ製薬株式会社様に法人向けプランを導入させていただきました!導入担当者の方から写真とコメントを頂いております。

UDトークに対する期待度が文面からもわかります。今後ともよろしくお願いします!

ーーー
平成28年4月から「障害者差別解消法」が施行され、「合理的配慮」が義務化されました。世の中では、ノーマライゼーション社会実現のために「ユニバーサルデザイン化」が進められています。

これらを一つの契機として、私たちシオノギ製薬において、平成27年10月、障がいを起点としたプロジェクトを立ち上げ、コミュニケーションバリアを取り除くべく社内でハード面・ソフト面の両面で環境整備の取り組みを始めました。様々な種類の障がいがありますが、シオノギ製薬には約20名の聴覚障がい従業員が在籍していますので、まずは第一段階として聴覚障がいにフォーカスした取り組みを推進しています。

その取り組みの一つに、社内で行われている講演会や会議におけるコミュニケーションの障壁の克服があります。障がいの有無に関係なく、誰もが主体的に社内会議に参加できる会議を目指しています。

この目的を達成するためのツールを模索していたところ、プロジェクトメンバーの一人が導かれるようにUDトークHPサイトへと辿り着きました。すぐにプロジェクト内で導入に向けた検証を開始しました。導入に向けて、既存のソフトも含め、複数のアプリをプロジェクトメンバーが中心となって比較し、時間を掛けて検証しました。また社内イベントでもUDトークのモニターを設置することで、多くの従業員の目に触れる機会を作りました。検証の結果、操作が簡単かつストレスなく会話が見えるという私たちの目的の達成に適うものであることがわかりましたので、この6月より正式導入となりました。

これまで、似たような音声認識ツールはありましたが、このUDトークはコンスタントにバージョンアップされており、利便性、可搬性、即時性、多様性、コスト面に強みがありました。特に、連続した話し言葉を即時に文字化できるだけでなく、音声認識率の高さ、読み上げ機能、多言語翻訳をも備え、また、逐語録として保存が可能なため要約筆記者の負担が少ないというのが最大の魅力でした。アイディア次第ではインタビューの文字起こしなど健聴者にも汎用性が高いツールです。

UDトークというツールを活用することにより、コミュニケーションバリアを克服でき、従業員が能力を存分に発揮し、個人、組織の成長に繋がると信じています。今後も健聴者・障がい者共に同じ職場で、いきいきと働きがいをもって業務に取り組む環境作りを推進してまいります。

UDトークのさらなる進化と貢献に期待しています!

写真:社内会議の風景

image002

【法人向けプラン導入報告】さくらインターネット株式会社様

image001このたびさくらインターネット株式会社様に法人向けプランを導入させていただきました。写真とコメントを頂きましたので掲載させていただきます。これからもサポートしていきますのでよろしくお願いします!

ーーーー
聴覚障がいを持つ社員を迎えたことをきっかけに導入致しました。
技術職として活躍する当事者社員の情報保障だけでなく、
会議における議事の可視化にも役立っています。

打ち合わせは勿論、全社総会、研修など様々な場面においても活用しています。

まだ誤認識が発生することも多く、単語登録や話し方について試行錯誤をしていますが、その都度スピーカー、速記修正対応者、その他参加者全員で連携しながら工夫を重ねています。

社内にこのツールを広めていくことで、聴覚障がいの有無に限らず全ての社員が、質の高い仕事に集中できる環境を作れるのではと期待しています。