カテゴリー別アーカイブ: ニュースリリース

【運用レポート】東京都練馬区「みんなのUDパーク」

開発者の青木です。僕が代表を務める東京都練馬区のシビックテック団体Code for Nerima。12月15日(土)、練馬区主催の「みんなのUDパーク」に区との協働活動としてUDトークを使ってメインステージのリアルタイム字幕サポートを行ってきました。

司会者の方の話すことや、ステージの催し物での話し、途中字幕がついていない動画への字幕出し(動画の音声を認識)など、メンバー張り付きで臨機応変に対応しました。

休憩スペースにはテレビ会議アプリ「ZOOM」で中継しつつ、UDトークで字幕を表示。字幕付きテレビ生中継のようなものを実現しました。こうすると休憩しながらステージの内容も見れるのでいいですよね。これからも練馬区のイベントで応用していきたいと思います。

視覚障害者の方が中心となって活動されている演劇結社「ばっかりばっかり」さんの舞台では多言語対応をしてみました。さすがに演劇のセリフはそのまま自動翻訳では難しいので、まず簡単な英語でセリフを作成し、それをベースにUDトークで自動翻訳。もともと「ばっかりばっかり」さんのステージはプロジェクタを使ってセリフを吹き出しで表示するなどの工夫(noteの記事参照)をしていますのでそこに今回スクリーンで英語と中国語の字幕を出し、かつ手元にはお好みの言語で表示と言う対応にしました。詳しくはnoteを御覧ください。

ユニバーサルデザイン=障害者対応、と勘違いしている人が多いと思いますが、ユニバーサルデザインはアクセシビリティ、つまり「誰もが使いやすい、参加しやすい」というところを目指すものです。東京都練馬区はユニバーサルデザインを掲げていて、区民のみなさんが住みやすい参加しやすいイベントづくりをしております。

区の事業者や団体がこうして区のイベントをアクセシビリティでサポートできる形が他の地域でも実現していくといいなと思っています。

Code for Nerimaの公式レポートはこちらhttps://note.mu/code4nerima/n/n60f752e3c4c1?

【運用レポート】こんなところにUDトークが!

こんなところにUDトーク!シリーズ(笑)。

ユーザーさんから「UDトークが使われている」と言う情報をいただきました(ほんとよく見つけていただきました、さすがです!)。

動画の18〜30秒くらいで記者さんがICレコーダーとUDトークを片手で2つ持ちしてインタビューの内容を録っています。囲み取材などではわりと定番スタイルでもある、と。新聞社やテレビの報道局で活用されていることは把握していたのですが、こうしてニュースに写り込こむケースはとてもめずらしいし、面白い感じがします(笑)。

聴覚障害者とのコミュニケーションアプリで始まったUDトークですが、現在はこうした文字起こしの業務や議事録での活用が急速に増えてきています。
現在のUDトークには録音機能があるので、この2台持ちスタイルはもしかしたら昔から使われてる方なのかなーと思ったり。教えてあげたいです!

https://teachme.jp/27228/manuals/3394196/

また国会の内容などの文字起こしも記者さんたちの中ではUDトークで行っていると聞いたこともあります。テレビの前においておけばほぼほぼ文字になる、と(笑)。
音声と文字に関わる部分の仕事は音声認識技術によって大きく変わってきていますね。

ニュース元はこちら。キャプチャ画像はウェブサイトの動画から取りました(ソースから問題が指摘されたら削除するかもしれませんのでご了承ください)。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000142961.html

【運用レポート】山形県立山形聾学校(宇治川雄大先生)

教育機関向けプランをご利用いただいている山形県立山形聾学校の宇治川先生からちょっと画期的なアプローチのUDトークの使い方をいただきました。

「指導者の授業改善の視点」とありますが、これは別にろう学校に限らず学校一般や塾や企業の研修などにでも適応できると思います。教員や講師が「振り返り」をすることで質のレベルアップが見込めます。

この件でお問い合わせがある場合は山形県立山形聾学校の宇治川までご連絡いただければご対応いただけるとのことです。
(写真が宇治川先生、優しくて熱い先生です!)

ぜひこれからもご活用ください!

ーーーー
授業改善を目的とした音声認識の活用について

山形県立山形聾学校
教諭 宇治川雄大

1.実践にあたり
本校では、平成28年度より、集団補聴システムと音声認識を活用した実践に取り組んでいます。実践の主な目的は、本校に在籍する聴覚に障がいのある幼児児童生徒が主体的にコミュニケーションを図る手段としての有効性を確かめることであり、実践を通して効果があることが分かりました。また、校外学習を中心とした教育活動での活用に加え、生徒が参加する研修会での情報保障としての活用、聴覚に障がいのある教職員に対しての情報保障としての活用、公開研究会や会議での議事録作成等の場面でも効果が実証され、現在も幅広く活用しています。

今回は、音声認識を用いた新しい実践の提案として、指導者の授業改善の視点で、音声認識を活用することを試みました。具体的には、指導者の授業での発問や指示を音声認識アプリケーションにより文字情報へ変換していきます。そして、授業後に文字情報をもとに指導者の発問や指示の内容を振り返るとともに、児童の実態に合わせた発話や指示を統一して使用していくことで、児童の学習理解を高めることに繋がるか検討しました。なお、本校では、Shamrock Records株式会社の提供する「UDトーク」を、法人向けプラン(教育機関向けプラン)の契約を結んだ上で使用しています。

2.実践の紹介
今回の実践は、小学1年生の算数科「なんじ、なんじはん」の単元で検討を行いました。以下に、実践の結果について紹介します。

単元を始めるにあたり、指導者の発言について、長針を「ながいはり」、短針を「みじかいはり」等と言い方(板書や学習プリントも含む)を統一したり、発問を「長い(短い)針はいくつですか。」「何時(何時半)ですか。」等の言いまわしで統一したりしました。しかし、実際の授業では、「(長い針は)いくつのところですか?」と計画と異なる言い方で発問してしまったため、児童が混乱し、指導者が答えを児童に伝えるような状況になりました。授業を行っている際は、指導者は児童が発問の意味を捉えられないと判断して進めましたが、データを確かめたことで、指導者が統一した発問の言いまわしと異なる言いまわしをしてしまったために、児童が発問の意味を捉えきれず答えられない状況が生じたことが明らかになりました。

そこで、次時からは、特に発問においては、統一した言いまわしを徹底することを意識したことで、児童は発問の言いまわしに慣れることができました。その結果、単元の後半になると、児童は長針や短針の位置についての発問に対して数字を答えることができるようになり、授業の中心課題に時間を十分にかけて学習し、目標の達成に繋げることができました。

このように、ビデオカメラ等の機材を準備して記録したり、複数の教員で発言や指示の内容を記録したりすることなく、指導者が容易に自らの授業の振り返りが可能であることが、今回の実践から示唆されました。

【運用レポート】g0v Hackathon at Taiwan

10月にUDトークをサミットで採用していただいた台湾のシビックテックグループ「g0v(ガブゼロ)」主催のハッカソンでUDトークが活用されました。中国語と英語のスピーカーがそれぞれ発表をしていくなかで、双方向に翻訳をしていきスクリーンで2言語、手元のアプリで多言語への翻訳をして皆さん参加されたそうです。中には聴覚障害者のグループも参加していてUDトークに驚いたとの報告もありました。

音響設備との接続や話者がマイクを持って話すなどいろいろ課題はあったようですが、日本での使いこなしのノウハウをぜひg0vに伝えていきたいと思っています。

また実は台湾のあるコワーキングスペースで正式にUDトークを導入するという話もいま進めていますのでまた追ってご報告いたします。日本初の翻訳アプリ、世界にはばたけUDトーク!(笑)

【運用レポート】神戸市(プレミアムプラン&講習会)

先日「神戸市」でUDトークの講習会を担当させていただきました。6月からスタンダードプランでご利用を頂いていたのですが、12月からプレミアムプランにアップグレード、神戸市内全域でUDトークが活用できるようになりました。

講習会は午前と午後2回に分けて行われ、述べ40人くらいの方がご参加されました。参加された方は神戸市役所の様々なセクションの方々です。

外国人対応と議事録作成で多くの質問がありました。UDトークもそのあたりを中心に機能を紹介させていただきました。

また運用事例では開発者の青木自身が東京都練馬で行っている「Code for Nerima」の活動を例に、UDトークでリアルタイム字幕の対応を市民団体と一緒に「協働」で行っていくこともできることを紹介しました。市民の方たちと一緒にアクセシビリティに取り組むことはいま大事な課題としていろんな自治体が取り組んでいる「市民協働」なのです。

神戸市くらいの大きな自治体で全域で導入していただけることはとても良い事例となります。これからも定期的に講習会をひらいたり事例の吸い上げなど行っていきたいと思います。

ぜひご活用ください!

【運用レポート】みどりの風 練馬薪能

10月14日(日)、雨の予報でしたがだんだんと天気が回復し曇り。無事に石神井公園で練馬薪能が開催されました。今年で3回目となります。急に気温が下がって肌寒い夜でしたが、能を鑑賞するにはよい雰囲気でした。

前日の増上寺薪能とどうようのセットでバリアフリー対応を行いました。EPSONのMoverioは4台調達。実際にご利用になったのは2台だったので、残りはスタッフの方や練馬区の職員さんたちに体験していただきました。実は字幕の出し方もMoverioでシアターモードにすることでドラクエ風にセリフが出るので見やすく好評(笑)。遠方の能舞台を見るのにほぼストレスなしで見れます。ただやはりメガネがずれると言う感想が終わったあとにありました。付け心地は改善が必要ですね。

今回もQRコードをチラシで配布し立ち見席と設置されたパブリックビューイングで見れるようにしていました。何人かはご利用いただいていたようです。
能楽を含む日本の伝統芸能の字幕対応は聴こえないかただけではなくてちょっと敷居が高いなぁ、でも興味あるなぁって方にとても役立ちます。増上寺は「アプリ席」があったり、また他の薪能では入り口でタブレットの貸出もあったりしますが、まだ練馬薪能はそこまで字幕のPRをしていないのでしっかり他の薪能を調査して来年に活かしてもらえればいいかと思います。

【運用レポート】初の海外イベント「g0v summit 2018」

なんとUDトークが台湾で開催されたイベント「g0v summit 2018」(ガブゼロサミット)で活用されました。このサミットはアジア最大級のシビックテックイベントで世界各国からの参加者が来ます。世界でも進んでいると言われている台湾のシビックテックはとても注目されています。

https://summit.g0v.tw/2018/


シビックテックとはここでもたびたび触れていますが、オープンデータやITの活用で地域課題に取り組みアプリやサービスを開発したり、自治体と連携して市民協働で地域課題に取り組んでみよう、と言った活動です。UDトーク開発者の僕も東京都練馬区でCode for Nerimaを立ち上げてみなさんと地域課題に取り組む活動をしています。日本からはCode for Japanの代表の関さんがサミットに登壇されることもあり日本からのCode for 関係者やシビックテッカーの参加者もたくさんいらっしゃいました。

ここでUDトークが使われることになった経緯ですが、先月行われた日本のシビックテックイベント「Code for Japan Summit 2018」にg0vのメンバーの方がゲストとしていらっしゃいました。そこでUDトークですべてのセッションに多言語のリアルタイム字幕がついてることにとても興味を持たれて、g0v summitも全部屋すべてのセッションにUDトークで字幕をつけてみたいと言うことに。そしてこの間なんとたった2週間!g0vの意思決定の速さと動き、すばらしいです。iRig2などの機材や配線や使い方などすべて自分たちでやってくれました。しかもなんとUDトークをパートナーとして扱っていただき、スクリーンやパネルに「UDトーク」のロゴが!協賛の紹介でもUDトークと読み上げられるなど、日本のアプリ・サービスが世界のイベントで認知された(大げさw)わけです。ロゴはあえて日本語(カタカナ)にしました。それもインパクトあったように思えました。

各国の参加者が来るg0v summit、中国語と英語の音声通訳がすべてのセッションにありました。これはすべてg0v summitのボランティアで行っているとのことです。なので内容を知っている人たちが通訳をするので、非常にわかりやすい通訳だったとのことです。こういうのを外注ですます日本のイベントとは大きな違いがあることを感じました。
UDトークの運用ですがスピーカーの方は主に中国語(台湾語)で英語の方もいらっしゃいました。各部屋の音響担当者が話者によって英中の音声認識を切り替えます。修正を専任で担当できるスタッフはいませんでしたが、これもCode for Japan Summitと同様「編集可能なQRコード」を配布し、参加者でオープンに行っていく方法をとりました。時々誰かが修正をしてくれていたようです。僕も英語の編集に挑戦をしてみました(笑)。

入り口に中国語、日本語、フランス語、英語のチラシが置かれて、みなさん初日に持っていかれたようでもう2日目にはフランス語しか残っていませんでした(笑)。各部屋(R0〜R3)の入り口にも大きくQRコードが印刷されており、字幕が必要な方はここで読み取ってみることもできます。手元のスマホやタブレットで好きな言語で見ながらセッションに参加することができます。

またすべてYouTubeですべてのセッションの生配信も行っているのでiPadであればプレゼンテーションモードで字幕付きでみることもできます。これはかなり知ってる人じゃないとできない応用でしたが(ほぼ僕だけw)、g0vのスタッフに見せたら面白いがって見てくれてました。

UDトークの国内での積極的な翻訳での運用がないなかで、飛び越えて海外で先に前例ができてしまったことはUDトークにとってもとても大きなことです。しかも手元で見る字幕がこんなに快適なのかと、自分自身でも体験してきました。そうなんです、今回あえて英語の同時通訳は聞かないですべてUDトークだけで参加をしてきました!もちろん自動翻訳の精度は完璧ではありませんが、資料と雰囲気と合わせると内容をなんとなく把握することができ、日本で聴覚障害の方はこうやってUDトークを見ているのかと改めて「見て使う立場」に立てたのはとても良かったです。おかげで沢山改善点が見つかりました。

いくつかのセッションに参加してきたのですが、ひとつ台湾のろう者や手話の課題を取り上げるセッションがありました。事前に引き合わせていただき、僕の日本でのアプリを使った取り組みなどをお伝えしました。そしてセッションですが、なんとUDトークをスクリーンに出すということに!なんとも日本で見慣れた風景で「ここ台湾ですよね?」と思ったくらい(笑)。スクリーン、手話、手元での多言語字幕と、ここ台湾でも理想的な情報アクセシビリティの形が実現しました。その後もg0v summit期間中にいろいろ交流させていただき、またUDトークの中国語字幕でいろんなセッションに参加していただけたみたいです。台湾では音声認識で字幕を出すと言うのはまだなく、もしかしたらg0v summitが「台湾初の自動字幕」だったかもしれません。そしてセッション後はこれもまた見慣れた光景で手話を読み取って文字化して日本語に翻訳されて僕は会話をすることができました。こちらからは日本語で喋ってUDトークの文字で見てもらう。実は日本語の言い回しがなかなかうまく中国語に変換されなくて。途中英語を混ぜたりしながらコミュニケーションを取りました。とても貴重な時間を体験させていただきました。

僕はわりとメインの会場にいて全体的な大きなテーマの基調講演を聞いていたのですが、多くの方がオープンにすることやインクルーシブやダイバーシティの大切さを話しておられました。まさに今回、UDトークでその一つのピースを提供できたのではないかと思います。
こうして日本と台湾でシビックテックと言う活動でつながり、UDトークと言うアクセシビリティの技術も提供することができたのはこの先の社会課題解決に向けてとても大きな一歩だと感じています。これからもg0vと台湾のろう者コミュニティの方たちにはUDトークを活用してもらいたいなと思いました。さて、この実績を引っさげて、日本で開く海外ゲストを招いたイベントにイノベーションを起こしていけたらと思います。十分すぎる前例ができた、と言うことで。

g0v summittのみなさま、ほんとうにありがとうございました!

【運用レポート】第35回増上寺薪能(たきぎのう)

今年で4年目になります。「橘の会」さんの企画のもと、UDトークも参加している シアターアクセシビリティネットワーク(TA-net)の活動としてで行うバリアフリー能。
9月29日、あいにくの雨でしたが増上寺薪能が野外から本堂に場所をうつして開催されました。じつはほとんど雨が降ったことがない増上寺薪能。本堂内もかなりレアですが、S席とA席のみになってしまい、アプリ席を買われたかたはご覧になることができませんでした。ですが、後ろの方の席であればQRコードを配布してもいいですよ、と許可を頂いたので配布。何人かの方はスマホで詞章をご覧になられてたようです。もちろんバリアフリー席ではスマホやメガネディスプレイで手元で詞章を見ながらの能楽鑑賞となりました。
今回はなんと行ってもシアターモードでの能楽鑑賞!ところがやはり暗いのと、遠くだと裸眼で見たほうが見やすいことなどからバリアフリー席の方も最終的にはセカンドスクリーンとして使われておりました。もっとこのあたりは改善が必要だなと言うところです。法要のときは増上寺の方にお経のタイミング出しをしていただきました。字幕が手元でコントロールできるまあちゃん専用のアプリを開発しコントロール。このリモコンは実際の能楽のときにも場所を選ばずにどこでも見ながら字幕が出せるので便利です。まだ公開してませんが、いろいろ整ったらリリース予定です。
4年目ともなるとみなさんもうこのバリアフリー能の活動もおなじみでもう会場には音響設備からの外部出力も用意されていました(笑)。つなぐだけであとはもうアナウンスは音声認識で、能の詞章はタイミング出しで。能と狂言の演目で3時間半の講演が無事終了しました。
また来年に向けてテクノロジーの活用を考えて行きたいと思います。みなさまありがとうございました。
橘の会
https://tachibanano-kai.wixsite.com/tachibananokai

p.s
おまけとして「お経を自動翻訳してみたらどうなる?」ってことで、ちょっとおもしろい写真を添えておきましたので御覧ください(笑)

Southern nothingness Amitabha Buddaha!

さて、なんでしょう?w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【運用レポート】UDトーク情報交換会@塩野義製薬

塩野義製薬さんが中心となり関西圏で現在UDトークを導入していただいている製薬メーカーさんを集めていただき、UDトークの活用についての情報交換会が開催されました。

田辺三菱製薬
大日本住友製薬
日本イーライリリー

と合計4社の担当者と利用者があつまり自社の導入の経緯や活用状況、今後の展開などを順番にご紹介いただきました。こうしてUDトークで法人利用されてる方での情報交換会ははじめての試みとなります。

そして僭越ながら私(開発者の青木秀仁)も「ご意見番」として出席。アドバイスや質問などにその場でお答えさせていただきました。
各社さんの報告でそれぞれ活用の範囲とか内容なども違っていたり、みなさんあまり知ることのない他社さんの利用環境や障害者を取り巻く内情などにも興味津々で、導入担当者同士の質問も活発でした。
また私からは最近のUDトークの活用事例としてCode for Japan Summitで全セッションに字幕での対応をしたことや、クラブツーリズムさんのカンボジアツアーの事例を紹介させていただきました。それぞれの事例は障害者対応のイメージがあったUDトークを軽く超えてユニバーサル対応であることやいろんなメリットがあることを示唆しています。

各社さんの話を聞いてUDトークの活用は利用現場のほんとに少しの理解と配慮で進んでいくものだと感じました。そしてこうして真剣にユーザーとして向き合ってくださるみなさまも目の前にすると開発者としては身が引き締まる思いです。

次回の開催も決まったようで、また参加させていただけたらと思います。
みなさま、これからもよろしくお願いします!


p.s
こちら、塩野義製薬さんの「コミュニケーションバリアフリープロジェクト」をご紹介しておきます。
https://www.shionogi.co.jp/company/csr/act/cbf/index.html

【運用レポート】Code for Japan Summit 2018

日本最大のシビックテックイベント。9月22〜23日と新潟県の新潟国際情報大学で開催されました。

こちらのイベントにUDトークで協賛をさせていただきました。メイン会場と5つのセッション部屋で、2日間にわたり40を超えるトークセッションの「すべて」でリアルタイム字幕を提供することができました。

UDトークの運用はサミットの記録担当の方たちで各部屋に編集者として1〜2名をシフト配置。スクリーンが配置できるスペースがあるところは配置しました。またQRも部屋数分発行し(会場が急遽増えたのでチラシには5つしかないですが、当日ウェブで配信)チラシを作成し配布。これにより、どこにいても(トイレにいてもご飯食べてても!)別のセッションの内容を手元のスマホで字幕配信で見ることができました。

また基調講演は海外からのゲストAriel Kennanさん。こちらは英語音声認識→日本語字幕で対応。
https://summit2018.code4japan.org/session/355/

g0v(ゴブゼロ)と言う台湾のシビックテックグループからのゲストは日本語と英語が混ざるセッションでこれも対応。
https://summit2018.code4japan.org/session/441/

またg0vの方が参加したグラフィックレコーディング(グラレコ)のワークショップでは中国語での発表を音声認識→日本語読み上げで音声の自動翻訳も活用しました。どれもまずまずの結果でした。すべてのセッションで多言語字幕での対応を行ったので、海外からのゲストにはとても好評だったとのことでした。もちろん日本語字幕に日本人参加者も驚き、自分たちの活動でも使っていきたい、との声をたくさんいただきました。

そして「シニアプログラミング」のセッションでは耳が不自由な方がたまたま参加されており、UDトークを絶賛して帰られたとの報告をいただきました。
https://summit2018.code4japan.org/session/323/

もちろん今回のようにすべてのセッションに対応するのはいくら自動で行うアプリとは言え運用は大変です。ですが、運営スタッフやアクセシビリティチームを結成したりするなどして計画的に行えばちゃんと対応することができます。もちろんこれだけではなく、個別に英語や中国語での通訳を喋れる人が対応するなどハイブリッドに行うことも重要です。

これからもこうしたシビックテックのイベントでどんどん字幕が活用されて色んな人が参加できるようになると良いと思います。

サミットの模様はハッシュタグ

#cfjsummit

でFacebookやTwitterでも見ることができますのでお時間あるときにさかのぼってみてください。
シビック+テクノロジー、活用できるテクノロジーはどんどん自分たちの活動に取り込んでいきましょう!

Code for Japan Summit 2018
https://summit2018.code4japan.org

こちらCode for Japan代表の関さんの投稿です!こちらも合わせてごらんください。
https://www.facebook.com/halsk/posts/10156836016404040