法人向けプランとは?


UDトークは会社等の業務でも無料版をお使いいただけますが、セキュリティやプライバシーに準拠した法人向けのプランを推奨しています。

参照「喋った音声はどうなるの?」

用途や規模に応じて幾つかのプランがあります。法人向けプランをご契約時には法人アカウントを発行します。法人アカウントを入手したらアプリの「設定」を開き「法人向けプラン」を選択しアカウントを入力してください。

導入・運用のサポート

法人向けプランを契約することで正式なサポートを受けることができます。
UDトークは「無料版」の問い合わせサポートは行いません。

AmiVoice Cloud法人向け音声認識サーバー

AmiVoice Cloudを使用した日本語の音声認識時に法人向けプランでは一般向けとは異なる法人向け音声認識サーバーを提供します。コンパクト/スタンダードプランでは共用のサーバー群、プレミアムプランでは専用のサーバーをご利用いただくことでスムースなレスポンスを得ることができます。また音声認識のログは残さずに消去しています。

法人向けプランご利用でAmiVoice Cloud以外の音声認識サーバーをご利用いただくときは、当該音声認識サーバーの提供事業者が音声を分析、再利用する場合がありますので設定は導入後となります。

機器購入

AmiVoice® Front WT01等の専用機器を購入することができます。詳しくはこちらを御覧ください。

連携アプリも利用可能

グループでの運用をサポートする「UDコネクト」や、手書き+音声認識+翻訳のハイブリッドコミュニケーションアプリ「UD手書きPro」も法人向けプランの範囲でご利用になれます。連携アプリについて詳しくはこちらを参照ください。

法人向けプランの適応範囲

官公庁、地方自治体及び教育機関(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校)が利用するときは法人向けプランを契約してご利用していただく必要があります。以下のQ&Aをご参照ください。なお、「無料版」とは、法人向けプランをご契約されずにご使用の場合をいい、アドオンを購入されていても「無料版」となります。

Q.家族や友人とのコミュニケーションに使いたい。

A.無料版をお使いいただけます。インストールしてどんどんご活用ください。

Q.仕事で使いたい。

A.官公庁、地方自治体及び教育機関(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校)でご利用いただく場合、無料版をお使いいただくことはできません(UDトーク利用規約第5条第4号)。
また、無料版は、音声データを収集して認識率向上のために再利用しております(UDトーク利用規約第4条第4項)。会社等の業務で使用する場合は、データの収集、再利用をしない法人向けプランのご契約をお勧めします。

Q.教育機関で授業の支援で使いたい。

A.法人向けプランをご契約ください。
教育機関で授業等の支援でご利用いただく場合、「官公庁、地方自治体及び教育機関(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校)がその業務のために本アプリを利用すること」(UDトーク利用規約第5条第4号)に該当し、無料版をお使いいただくことはできません。
もっとも、児童・生徒・学生の私的なコミュニケーションであれば、Q1と同様、無料版をお使いいただけます。

Q.お店や窓口などで、自分のスマートフォンを相手に渡して使ってもらいたい。

A.無料版をお使いいただけます。ご自身の責任の範囲でご自由にご利用ください。

Q.個人でセミナーを開催して、情報支援の手段として活用したい。

A.無料版をお使いいただけます。
個人や法人格を有しない団体の開催であれば、有料のセミナー等でもご活用いただけます。

Q.UDトークの講習会を行いたい。

A.UDトークの講習会を行う場合は、予めご相談ください。
難聴者団体様や支援者団体様の場合、法人向けプランのうち「難聴者/支援者団体向けプラン」をご契約いただくと、UDトークの有料講習会開催等、UDトークを利用し収益を得る事業を行うことが可能です。
一般法人様の場合、UDトークを利用するビジネスについては、当社とパートナー契約を締結していただくことが必要です。法人向けプランのスタンダードプラン、プレミアムプランでお使いいただけるのは、あくまでも、議事録作成や聴覚障害者支援等、社内業務での利用に限定されております。
いずれも、詳細はお問い合わせください。

法人向けプランとは?」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。