shamrock1976 のすべての投稿

塩野義製薬株式会社様、大阪商工会議所発行大商ニュースに掲載

塩野義製薬株式会社さんからへの掲載記事をいただきました。会社で進めている「コミュニケーションバリアフリープロジェクト」にUDトークを採用していただきかなり活用していただいております。

これからもよろしくお願いします!

以下、一部引用です。
ーーーー
来年創業140年を迎える大坂・道修町の老舗、塩野義製薬(手代木功社長)。

聴覚障害者とのコミュニケーションが円滑に進む社会を目指して、一昨年10月から「コミュニケーションバリアフリープロジェクト」に取り組んでいる。

プロジェクトリーダーは経営企画部、野口万里子さん。自身、聴覚障害がある。野口さんは「聴覚障害者が病院に行ったとき、情報が病院側にきちんと伝わっていないことに気がついたのがきっかけ」という。

同社で働く聴覚障害者は約20人。プロジェクトは社内から手始めに取り組むことにした。社員に聴覚障害者になってもらって、コミュニケーションのあり方について学ぶ「疑似聴覚障がい体験会」を昨年度中に17回開いた。

同6月にはUDトークを導入した。音声をほぼ同時に文字に変換してスマホやタブレットなどに表示、健聴者と難聴者間のコミュニケーションも手助けする仕組み。

同10月には補助犬の同伴を拒まない合図の補助犬ステッカー、聞こえないことを周知させる「耳マーク」を本社へ入り口に設置した。
6月9日には大阪市東淀川区淀川キリスト教病院で聴覚障害を持つ患者との接し方についてセミナーを開いた。医師看護師、スタッフら約280人を前に野口さんら社員三人が話した。

野口さんは「難聴者は大声で話しかけられても聞き取れなかったり、読み書きが苦手な人もいる」などと強調、共感を得た。
活動を社内だけでなく、全国の医療現場にも広げていきたい考えだ。

出典:大阪商工会議所発行 大商ニュース2017年11月10日号 広がるCSR

新プラン「小規模団体向けプラン」を1月より販売開始します

新プラン「小規模団体向けプラン」を1月より販売開始します(現在受付中です)。

法人向けプランは現在スタンダードプランとプレミアムプランの2つだけでしたが、小規模の法人でのご利用に価格的なハードルがありました。今回小規模団体向けプランをリリースしまして、こちらは月額9,800円でご利用いただけます。少人数で構成されるベンチャー企業への導入も見込んでいます。聴覚障害者や外国人対応とのコミュニケーション、議事録作成、文字起こしなどフレキシブルに活用していただきたいと思っております。

このプランの適応条件ですが

・本社のみ(支社、子会社、グループ会社がある法人は対象外)で総従業員数が100人以下の法人
・NPO法人、任意団体、など
・その他、適応可能と認めた法人・団体

となります。12月中にプレ販売ということで受け付けており、その状況を見てまた条件を変えていく可能性もあります。

これに伴い、支援団体向けプランの販売を12月いっぱいで終了します。240円で時間制限が解除されるアドオンが出たことにより、このプランの意味合いが薄くなりました。現在支援団体向けプランをすでに導入済みのところは解約されるまでその値段で据え置きとなります。

詳しくはこちらをご参照の上、お問い合わせください。

サイエンスアゴラ2017 日本語/多言語対応キーノートセッション一覧

いよいよ今週末に迫りました!
あらためてUDトークで多言語対応のキーノートセッションです。
お時間と内容をチェックしてぜひいらしてください。

■11月24日(金)
>13:45~15:00
基調講演
科学技術振興機構
8階 会議室B

>15:15~16:30
貧困×ジェンダー
科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター
8階 会議室B

>16:45~18:00
科学で持続可能な未来都市をつくろう!~SDGs達成で変わる世界~
科学技術振興機構 STI for SDGs タスクチーム
8階 会議室B

■11月25日(土)
>10:30~12:30
宇宙での生命と有機物探査:たんぽぽ計画とアストロバイオロジーの今後の展開
国際宇宙ステーション曝露部実験たんぽぽチーム(東京薬科大学、JAXA、他)
8階 会議室A

>13:30~15:00
人工知能(AI)との共生 ~人間の仕事はどう変化していくのか?~
科学技術振興機構 戦略研究推進部
8階 会議室A

■11月26日(日)
>10:15~12:30
うちの子、少し違うかも…II ~エビデンスに基づく発達障害支援をみんなで考える~
科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
8階 会議室B

>13:30~15:00
ゲノム編集時代の生殖医療と私たち
日本学術会議 科学と社会委員会 ゲノム編集技術と社会に関する検討分科会
8階 会議室B

うまく認識する人、しない人がいるのはなぜ?

「どうも私の声はちゃんと認識しないんです」

時々そういったご意見をいただきます。大体の場合が「マイクに口を近づけないで話している」とか「単語登録をしていない」ことが原因ですが、実は技術的に音声認識が苦手な声のカテゴリがあります。

まず音声認識の精度がどうやって向上をしているか?ということですが、これは無料のアプリを使っていただいてる皆さんに音声データの収集にご協力をいただいていて、それを元に精度が向上しています。つまり「多数派」で精度があがります。男性女性の割合であったり、地域の割合だったり、年齢だったり、そういった要素が統計上現れてきます。

つまり集まりにくい音声データのカテゴリが認識率が低いカテゴリとなります。

その中の一つは「子供」です。やはりスマホのアプリで音を収集しているので子供の音声は集まりにくいです。それに影響をして「(アニメ声のような)高い声」とかコンパニオンさんのように「極端にきれいな通る声」なども影響してきます。もともと女性の声自体が集まりにくかったカテゴリだったのですが、UDトークで音声が集まるようになってからは男女比はほぼ均等に集まるようになったようです。こうやって幾つかのカテゴリで埋めていき結果的に誰でも事前学習なしに音声認識ができるのですが、ときどきその境目に該当する人(声質)がいらっしゃったりすると認識しないときがあります。

一つの認識しづらいカテゴリに「難聴者の発話」というのがあります。聞こえないことによってだんだん発声が曖昧になっていきます。そのパターンは非常に多岐に渡ります。このカテゴリもUDトークとしては集めきれてないカテゴリです。ただ難聴の方の場合はUDトークを日々使っているとご自身の発声の方が良くなって認識するようになると言うおもしろいパターンも多数報告されています。

ここで、よくご意見をいただくのが「AppleやGoogleの音声認識は難聴者の声でもよく認識する」と言うことです。はい、たしかに認識します。それは前述した音声を収集している範囲が広いからカバーできているともいえます。ただスマホの音声認識は短文で「命令や対話」なので、UDトークの長い話し言葉を文字化するものとは調整方法が変わってきます。なので難聴者の方がUDトークでたくさん喋って音声データの収集にご協力いただけると「難聴者の声」と言うカテゴリが強くなります。AppleやGoogleも同じように収集をしていますが、どうせいただけるならここは国産のアプリ「UDトーク」の方にいただけたら幸いです(笑)

現在たくさんの方にお使いいただき様々な声のカテゴリが集まるようになってどんどん認識精度が向上しています。でもやはり認識率が100%になるのと、出てきた結果を見て理解ができるかは別問題です。まず技術的には高みは目指しますが、同時に音声認識技術を使うということはどういうことかを理解していただく必要もあると思ってます。

【運用レポート】地域で暮らそうフォーラム2017

UDトークは自動でなんでもできる、と言う印象をもたれるかたも多いですがそれは違って、人が運用することでそのシーンに応じたとても柔軟な対応ができるのが特徴です。また遠隔での運用も取り入れると「現地に行けなくて対応できない」と言う機会損失が最小限に押えられます。

今回は講師の方が字幕に気がついて注目していただけたのも良かったですね。話してることが一字一句でていると喋ってる方も意識が変わってきます。

少人数で最大限の効果が生み出せる、そんな運用が各地で広がりつつあります。ぜひ参考にしてみてください!

ーーーー
11月10日、11日に長野県諏訪地域で開催された「地域で暮らそうフォーラム2017」で、UDトークのイベントプランを運用しました。
このフォーラムは障害の有無に関わらず、地域で居場所を作り共に暮らすことを推進するものです。

10日は歌合戦、11日は講演、トークセッションのリアルタイム字幕をつけ、歌合戦では、リスピークと言う話者の話を復唱する方法で、PC編集者と連携して字幕を出しました。

講演では、話者の言葉そのままを音声認識させ、現場と遠隔地の2ヶ所からPC編集を行い字幕を出しました。

講師の方が、講演途中に、「話した言葉が文字になっていく!」とおっしゃって、注目いただき驚きましたが、字幕の配慮に感心された様子でした。

スタッフ2名で行いましたが、フォーラム実行委員の方々にも多大なご協力をいただきスムースな運用ができたことを感謝いたします。
参加させていただき本当に良かったです!

【重要】iPhone XでUDトークが使用できないケース

iPhone XでUDトークをお使い始めた方で、「タップして話す」ボタンを押してもマイクが反応しない方がいらっしゃるようです。

この時、本体の「ボイスメモ」アプリや他の録音関係のアプリも一部動作しないので、UDトークのアプリが原因と言うわけではなく、OS起因のもの、かつバックアップから復元をした時に発生をしている模様です。

対策としては

「設定>一般>リセット」で「すべての設定をリセット」

こちらを行っていただくとUDトークも他のアプリもマイクがしようできるようになるとのことです。設定のみがリセットされるのでデータが消えることはありませんが、Apple PayやSuicaの登録が消えますので、そのあたり再登録が必要になります。

特に公式にこうした現象が上がっているわけではないので全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、もし遭遇したらこの方法で対応よろしくお願いします。

UDトークを音響設備に接続して使用する

UDトークを普段会話や数人のコミュニケーションで使用されている方が次へのステップアップとして「大きなホールで使ってみたい」と思うことは自然な流れだと思います(そういうことにしておいて!w)

じゃ具体的にどうしたらいいのか?という事をちょっと取り上げてみます。

必要な機材

まず大きな会場には少なからず「ハンドマイク」と「スピーカー」があります。ここでハンドマイクで集音されてスピーカーから出てる音を使って音声認識ができればいいですよね。

この場合、その会場の音響設備から有線で音を出す必要があります。いわゆる「録音用の外部出力」です。ですが、それをもらってもスマートフォンのマイクヘッドフォン端子に指しても音声認識できません。入力用のアタッチメントが必要です。代表的なものはiRig2(アイリグツー)というものです。

iRig2(Amazonのページに移動します)

他にも類似の製品が出ています。基本何でもOKですが、入力する端子の形状が重要になってきます。iRig2は「標準フォーン」と言う形状の入力になります。なので次は接続するケーブルが必要になってきますが、どういう形状でもらうのがいいのか、会場の音響担当者に伝える必要があります。

iRig2を使った音響設備との接続方法

音響担当者への説明

これが一番ハードルが高いかもしれません。なぜなら専門用語があったり、そもそも会場の音響担当者が何のためにそれが欲しいのかが伝達されていないケースが多いからです。

まずここではこちらがiRg2を所持している前提で話をします。簡単に文章にすると

音声認識で文字化をするためマイクを使って話された音声が外部出力として必要です。こちらの形状は標準フォーンなのでその形式で出してください。

このような感じで伝わると思います。さらにこのときに確認をすることとしては

  • 欲しいのはマイクの音声だけ
  • BGMや動画などを使ったときの音声は可能なら分けてもらう
  • 複数マイクがあるときは全部まとめて1つにしてもらう
  • 音量の基底レベルは低めで(-10〜-12db)

iRig2を前提としましたが、例えばiRig PREだと「XLR(エックスエルアール)」もしくは「キャノンのメス」と言う形状の入力になります。その時はそれを音響担当者に伝えると良いでしょう。相手が専門の担当者であれば写真に撮って見せるのもいいと思います。

一つ注意が必要なのはそうした設備の担当者は経験上、その場で直前に言われることを嫌います。なのでUDトークを音響設備に繋いで使う時は事前に伝えておくことが重要です。

持ち込み機材で行う場合

持ち込みでポータブルのマイクスピーカーシステムと繋いで使うケースも多いと思います。例えば

TOA ワイヤレスアンプ

こういうタイプのものにはだいたい「外部出力」「ライン出力」と言う名前で音を有線で出力出来るようになっています。形状は標準フォーンまたはRCA(アールシーエー)と言う形式が多いです。なのでマイクスピーカーシステムとiRig2を接続刷るケーブルを購入すればマイクを通した音を音声認識することができます。

標準フォーン〜RCAケーブル

標準フォーン〜標準フォーンケーブル

これらのケーブルはたくさん種類もありますし、楽器屋や家電量販店で購入することができます。

機材が用意や接続できない場合

音が出ているスピーカーの前にUDトークを置いて見てください。意外とちゃんと認識します。天井にスピーカーがある場合は自撮り棒で伸ばしたりガムテープでくっつけたりしてもいいです。手段は選びません(笑)

よく使用する会場であれば一度やり方を覚えればずっと使っていくことができます。ぜひこのあたりいろいろと実験をしてみてください。

【字幕付きイベント】サイエンスアゴラ2017

今年はお台場のテレコムセンタービルで開催される科学の 祭典「サイエンスアゴラ2017」にUDトークは今年も 技術協力を行い、基調講演並びにキーノートイベントに日 本語/多言語字幕を提供します。

サイエンスアゴラ2017
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

こちら基調講演のベージです。
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/135/

UDトークで字幕対応されるセッションには備考に

ーーー
●UDトークによるリアルタイム自動字幕(日本語/多言 語)あり
※ステージでの字幕投影は日本語、その他の対応言語につ いては各自のスマートフォンに音声認識・機械翻訳による 字幕を表示(各自のスマートフォンに字幕を表示させるに は、事前にUDトークアプリのダウンロードが必要です)
ーーー

と記載されます。もし記載がないものはお問い合わせいた だければ詳細が分かります。

最先端テクノロジーの集合体「UDトーク」でこのような イベントにk技術協力できることを嬉しく思います!

ぜひ皆さんご参加ください。

iOS版 ver.5.8.1で感情認識エンジンを実装しました!

iOS版 ver.5.8.1リリースしました。そして感情認識エンジンで声の抑揚で背景色が変わる機能を実装しました。

株式会社スワローインキュベートさんがリリースしたばかりの感情認識エンジンを実装しました。勢い良く喋ったり声を「張ったり」したところのいろが段階的に緑色にかわります。

理想的な動作をするのであれば「ここは大事なポイントなんですよぉ!!!」と力説した時にふわっと色が変わればいいかなと。

こうした新しい技術を持った企業さんとさくっとコラボできる余裕もUDトークのいいところです。まずちゃんとお披露目してそういうのがあるんだってことを知ってもらえるいいベースになればいいですよね。

まずはこの機能もエンジンもリリースしたばかりなのでこれからいろいろ表現方法を考えていきたいと思います。例えばUDトークARと連携して吹き出しの形や色が変わるような感じにしてみてもおもしろいかなと考えています。

まずは先行してiOSから。Androidにも近いうちに搭載予定です。

感情認識エンジンについてのお問合わせはこちらから。

【法人向けプラン導入報告】凸版印刷株式会社・滝野工場様

続けて凸版印刷さんでの導入事例報告です。こちらはベトナム人のスタッフのとコミュニケーションでの導入です。もちろんこういう活用をしているところはあるのですが「外国人との言語コミュニケーションでの業務導入」は初めての例なのではないかと思います。

もちろんアプリは100%ではありませんが、コミュニケーションのヘルプとして十分活用できることが分かりました。本文にもありますが、何もなければ0%です。音声認識のいいところは使うだけで0%からの脱却ができます。外国人対応も聴覚障害者対応もUDトークからしてみたらまったく同じです。

これからもこちらの運用ケースは参考にしていきたいと思います。
引き続きよろしくお願いします!

ーーーー
凸版印刷株式会社・滝野工場(兵庫県加東市)内の製造部門グループ会社である凸版情報加工株式会社と株式会社トッパンコミュニケーションプロダクツでは合わせて約30名のベトナム人技能実習生が働いています。

工場の従業員とベトナム語を母語とする実習生とは、日常的なコミュニケーションが難しいという課題があります。普段は通訳士を頼んだり、日本語が得意な実習生が通訳を行ったりしているのですが、もっと手軽にコミュニケーションを図れないかというのが、日本人従業員側、ベトナム人実習生側双方の希望でした。

そうしたことから、外国語翻訳機能を活用したUDトークの導入を決定しました。

利用講習会にはベトナム人実習生と、彼らの所属する部署の同僚・上司だけでなく、総務・警備・診療所看護師など、日常的な会社生活の場面でコミュニケーションを行う者も参加しました。

用途は大きく3つを想定。日常会話を想定した1対1のモード、ミーティングを想定した1対複数のモード、そして朝礼などを想定したスクリーン投影モードを習得してもらいました。会話が文字化されるその機能に誰もがはじめは驚いていたのですが、実際に使ってみている姿は実に楽しそうでした。

一般的に自動翻訳機能がまだ完全ではないため、実習生曰くは「変換率70%程度の印象」。ただ、前後の文脈から残りの3割はある程度想像できるとのことですし、そもそもこれまでは0%に近かった会話が、7割近くも通じるのであれば大きな進歩です。コミュニケーションがほとんど取れなかったというストレスからは脱することが出来ると期待しています。

「UDトークを使って、日本語を話す練習もしてみてください」といった上長からの言葉で、講習会はお開きとなりました。使い慣れて、今後どのように活用されていくかが楽しみです。